下取りより高く車を売却するには!!

車買取では電話の概算をどう利用するか

車買取の業者に買い取ってもらう前には、たいてい電話でのやり取りが発生します。
全体的な査定の流れですが、まずは業者に対してメールなどで連絡をする事になります。その後で業者から電話がかかってきて、いったん金額が伝えられるのですね。いわゆる概算です。それが伝えられた後は、実査定になるパターンが一般的です。ある意味査定は2段階になっていると言えるでしょう。

 

電話で伝えられる数字は正式ではなく目安

 

ところで電話で教えてもらう査定金額なのですが、各定額は伝えられないと考えて良いでしょう。正式な数字というより、「目安」金額が通知される事が一般的です。
ちなみにトラック買取の業者では、しばしば電話で正式金額を伝えるとアピールしていますね。いったん電話で正式な金額を伝えたら、車が引き取られるというパターンが多いです。
しかし引き取り時も、実は査定は行われているのです。電話ではある程度の情報を伝えられていますが、引き取り時に金額が変わってしまう事は意外とよく有るそうですね。それも当然で、電話で伝えられた情報と、実物を見た情報には食い違いが発生している事があるからです。ですのでトラック買取の業者の場合も、結局は引き取り時に正式金額が決まると考えて良いでしょう。

 

相場を知るためには便利な電話の概算

では電話による概算金額は意味が無いかというと、そうとは言えません。複数の業者から車の概算額を聞いてみれば、だんだん相場が分かってくるからです。車買取では相場を知っておくのはとても大事なので、やはり電話の概算は意味があると思いますね。いわゆる「相場の目安」を知る手段の1つとしては、有効と言えるでしょう。
まずは複数会社の電話で概算金額を知っておいて、それから一括査定などを利用するのが良いと考えます。